パレスクリニック トップロゴ2016

TEL 03-3213-2867

東京都千代田区一ツ橋1-1-1

パレスサイドビル1F

東西線 竹橋駅(毎日新聞社前)地下直通1分

アクセス   メール・お問合せ

 

 LINE お問合せ 

 

院長挨拶医師紹介当院のご案内新着情報診療時間予約・空き情報初診の方、1年以上ご来院の無い方

レーザー脱毛 専門外来多毛症 専門外来脱毛症、専門外来美容皮膚科 総合鼻の毛穴 専門外来爪白癬(爪水虫)専門外来

顔のシミ、色素沈着 専門外来顔以外の色素沈着症 専門外来 (脇、膝、肘、外陰部、乳輪 等)アンチエイジング(シワ・タルミ)専門外来ニキビ・毛穴開大専門外来

 

 

脱毛・発毛 

脱毛症専門外来 

 

 

 

 

 1:男性型脱毛症

 

 2:円形型脱毛症

 

 3:女性における脱毛症

       

  その他の脱毛症

 

 円形型脱毛症 

1:円形脱毛症の形態:
 初めはパッチ状に起こることが多く、毛髪に限らず、体毛にも脱毛を起こすことがあるが見逃されやすい、またこの脱毛は一過性のことが多いが、時として再発を繰り返し範囲を拡大し、また長期間持続することもあります、付随する症状として爪の横溝が認められることがあります。

2:原因
 
毛包に対する、Tリンパ球を介した一種の自己免疫疾患と考えられています、攻撃を受けた毛包は休止期に入り、約3ヶ月後に脱毛を起こします。
この自己免疫は通常の休止期への移行で見られる免疫反応と違い、ターゲットが幹細胞やメラノサイトにまで及ぶことが多い。
自己免疫を起こす要因としては、自己と非自己の識別機構の障害であるが、このこと自体の原因は確定されてません。

3:症状

 1.    単発型、多発型

 2.    蛇行状脱毛症 (後頭部、側頭部の毛の生え際)

 3.    全頭脱毛症

 .    汎発性脱毛症・・・頭部以外に眉毛、まつげ、陰毛などの体毛が脱毛したもの 

4:治療

まず自己免疫障害の原因として、各種免疫機能検査、ウイルス抗体価、寄生虫感染の有無等の検査が必要である。

又、ストレスや過労の重積などが誘因となることも多く、ストレスや過労を避ける生活習慣を行う事が重要である。円形型脱毛症になる事によって、精神的なストレスが多大な負担になる事があり精神的or神経的なケアも重要である。

 

 

 

治療(パレスクリニックで行える治療です。)

1:副腎皮質ステロイド外用剤

副腎皮質ステロイド剤内服治療 副腎皮質ステロイドの局所注入

副腎皮質ホルモン点滴静注療法 パルス療法

塩化カルプロニウム液の外用

5:セファランチン内服薬、各種ビタミン治療薬、グリチロン剤 抗アレルギー剤 

6:雪状炭酸圧抵療法

液体窒素療法

PUVA療法

LED光線力学療法・・・・幹細胞をターゲットにした光線力学治療

10: 局所免疫療法・・・・SADBE療法 DPCP療法

11: 免疫抑制剤投与

12: アクシダーム治療器を使用した各種薬剤の頭皮への多量導入療法

13: ミノキシジルの外用、内服療法

14: プロペシア投与

15: SODaseの外用 

16: 成長ホルモン療法

17: 甲状腺ホルモン療法

18: マイクロフラクショナルレーザー治療(モザイクHP)

19:CG 210(第3の発毛剤)(外用)

 

 

 パレスクリニックの 円形型脱毛症 治療 

 

A:軽症例

  1:一般的な治療方法

    セファランチン内服薬、各種ビタミン治療薬、グリチロン剤 抗アレルギー剤 

  

  2:塩化カルプロニウム液(フロジン)

  

  3:副腎皮質ステロイド外用剤

 


 

B:再発例、中等症、重症例

 

   1.副腎皮質ステロイド剤

   a.外用薬 b.内服薬 c.局所注入 d.点滴静注 (パルス療法)


  

   2.アクシダーム治療器を利用して各種薬剤の頭皮への多量導入治療法

   アクシダームを使用して、多量に、発毛剤を頭皮から毛根(毛乳頭)に導入(注入)します。

 

 

導入薬は、症状により、

下記治療薬から選択します。

1:5%〜15%のミノキシジル 

 

2:ステロイド剤導入

(ケナコルトA、リンデロン注)

 

3:フロジン

 

4:プラセンタエキス

 

5:ビタミン剤等

 

6.CG 210(第3の発毛剤)(外用)

 

 

アクシダーム療法 料金表(面積による)

頭皮面積 全体の50%以上 25%〜50% 25%以下 円形脱毛症の小さいもの
料 金 12,500円 6,000円 4,000円 3,500円


 

  3.マイクロフラクショナルレーザー治療

   マイクロフラクショナルレーザーを使用した、マイクロフラクショナルレーザー治療

                                 (モザイクHP治療)

     最新のレーザーを使用した、発毛治療法です。

   a:モザイクHPヘアセラピー治療の原理

1:モザイクHPのヘアセラピーシステムを通じて個人頭皮の特性に合わせて脱毛部分に正確なビームを照射し頭皮内の毛乳頭を刺激します。

2:血流を増加させ、 毛乳頭の毛母細胞を活性化させます。

3:サイトカインとPDGFなど頭皮内の成長因子が誘導され頭皮環境を大きく改善します。

4:幹細胞、毛母細胞と毛乳頭細胞に刺激を与え毛乳頭周囲の細胞再生を促進させ、休止期段階の毛髪が成長期段階に転換するように誘導します。

 

   

    b:モザイクHPヘアセラピー治療の特徴

1:「モザイクHPヘアセラピー」システムは強力なハイパワーレーザービームを個人の頭皮特性に合わせ浸透の深さや大きさを正確に調節して施術する事が可能な最先端ヘア治療システムです。

2:各種発毛治療と並行 て行うと、より高い効果を得ることができます。

3:副作用の心配はほとんど無く安全に施術することが可能です。

4:人体内のホルモンの変化を起こさず、薬の服用が難しい女性型脱毛患者に最も適した治療法です。

5:施術は5〜30分で終わるので、忙しい方でも簡単に施術を受けることができます。

6:施術直後は施術部位が目立たず、すぐに日常生活に復帰できます。

7:副作用の恐れがなく、老若男女誰でも施術を受けることができるクリニック専用の治療法です。

 

8:健康な正常毛髪への損傷がほとんどありません。

9:強力なレーザービームで毛髪よリ細い極微細な無出血人工瘢痕を作り出す方法で頭皮を刺激します。

10:頭皮内の幹細胞、毛母細胞、毛乳頭細胞を直接強力に刺激させるので最も効果的にヘアサイクルを成長期へ転換させるのに役立ちます。

 

    

     モザイクHPヘアセラピー治療適応

    1:男性型脱毛症の方 2:女性型脱毛症にお悩みの方 

    3:円型脱毛症およびストレス性脱毛でお悩みの方

    4:初期脱毛症が気になる方 5:薬物治療の副作用で育毛治療が受けられない方

    6:各種育毛治療法に満足できなかった方

    モザイクHPヘアセラピー治療間隔

    治療間隔:1〜3週毎

    治療回数:10回〜15回が1クール

    料金:3,500円〜12,500円 (面積による)


 

   4.フォトリバイブLED or i-Clear療法(光線力学療法)

頭皮に超高輝度LED633nmの赤色光の優しい光を照射することで、毛の幹細胞(毛髪の成長の元となる細胞)のミトコンドリアにその光が吸収されるとミトコンドリアの細胞が増大し、幹細胞の細胞分裂が盛んになり、幹細胞の数が増加します。

その結果、毛母細胞、毛乳頭細胞数の増加が起こり、更に、それらの活性化が高まり毛の成長が促進されます。

料金:1回3,150円

 

  

 

  ※2.3.4.は、併用すると更に効果的です。

 

        ≪料金表 1回分≫

 

2:アクシダーム療法

 

3,500円〜12,500円

(面積による)

 

3:レーザー治療

(マイクロフラクショナルレーザー治療)モザイク

 

3,500円〜12,500円

(面積による)

 

4:光線力学療法

(フォトリバイブ or i-Clear療法)

 

3,500

       ※3.4.5は、以下の併用治療も可能 (料金は、相談の上、面積で決まります。)

         2:アクシダーム療法 +3:レーザー治療+4:光線力学療法

         2:アクシダーム療法+3:レーザー治療

         2:アクシダーム療法+4:光線力学療法

         3:レーザー治療+4:光線力学療法


  5:CG 210 (第3の発毛剤)(外用)

   今日まで、臨床的に、真に効果があるとされた発毛剤は、

 (1)finasterideプロペシア・プロスカー)U型5α−還元酵素阻害剤

    テストステロン(男性ホルモン)→ジヒドロテストステロン(DHT)に変換する為の酵素の働きを

    選択的に阻害する。

   T型U型還元酵素阻害剤としては、デュタステリドアボルブ)があります。

 

  (2) ミノキシジル  毛母細胞、毛乳頭細胞の成長促進及び血行促進 剤

   

  上記の(1)と(2)でありましたが、臨床的に効果のある第3の発毛剤(外用)登場しました。

  CG210(外用)です。

  その作用機序は、フィナステリド、ミノキシジルと異なります。

  単独使用も、上記と併用治療も可能です。

  A.作用機序  新しい作用機序→毛周期のうち退行期の早期開始を遅らせる。

    (何らかの脱毛症がある場合、通常よりも早く退行期が開始し、脱毛が促進されます。)

 

     退行期の早期開始を遅らせて、成長期を長期化させます。

  B.臨床的有効性

   1.成長期毛の著しい増加、休止期毛の著しい減少

   2.約6週間後位に効果が出現します。

   3.約84%の患者さんに有効(毛髪量の増加)

 

  C.安全性

   1.低刺激性で、アレルギー過敏症等は、ほとんどありません。

    (目に対する刺激性、皮膚に対する刺激性、アレルギー反応テスト)

   2.油分、保存料、着色料、グリコールなどは、含んでいません。

    低アルコール性です。

  

  D.使用方法

   1.1日2回 本品を5〜10回 頭皮全体にスプレーする。

   2. スプレー後は、頭皮を洗い流さないで下さい。

   3.使用時間帯は、何時でも可、一日2回です。

   価格:1ボトル7,560円(税込) 内容量80ml(約1か月分)

 

  E.臨床データ

  1.毛包周辺のコラーゲンが投与開始4か月後には67%に増大し、毛包径は縮小し、

    毛髪がしっかり固定されると同時に毛成長に有害な外部からの汚染物質(皮脂、角栓、等)の

    混入する恐れが低くなった。

 

  2.BCL-2+ タンパク質の増加→抗アポートシス 作用の増大。
    BCL-2 は、抗アポートシスタンパク質の一つであり、アポートシスを阻害する事によって、

    細胞生存期間、(成長期間)を延ばす事ができる。


    AGA等でみられる、毛包内で細胞が早い段階で過剰にアポートシスに至るようになり、

    それが脱毛症の発症、進行につながるが、B-CL-2は、毛包の増殖とアポートシスのバランスを

    正常化させる作用がある。

  3.脱毛症になると、頭皮の抗アポトーシス蛋白(BCL-2)が抑制され、POOC(退行期の早期開始)

    が生じる。さらに単核球やリンパ球の炎症性浸潤がおこり、毛包に持続的な炎症がおこると、

    真皮乳頭細胞が徐々に消滅し最終的に、毛包の縮小及び線維化になるものである。
 
    CG210使用により、BCL-2値が投与後に増加している(87.9%)事が証明されている。

  4.CD1A+ ランゲルハンス細胞の増大→抗炎症作用
     CD1A ランゲルハンス細胞は、皮膚免疫反応を抑制するサプレッサーである。
    脱毛症の患者では、毛包内の毛母細胞が、過剰にアポトーシスに至ると、自己免疫反応の持続

   として、炎症性反応が引きおこされる。
 

   CD1Aランゲルハンス細胞が増大すると、免疫等の過剰反応が抑制され、

   頭皮の微小炎症が抑制される。

   BCL-2蛋白とCD1Aランゲルハンス細胞が相互に作用しあって、POOC(退行期の早期開始)の

   抑制し毛成長期の長期化、毛髪保持につながると考える。

 

パレスクリニック

メディカルスキンアンドヘアクリニック

東京都千代田区一ツ橋1丁目1-1-1 パレスサイドビル【毎日新聞社ビル】1F

地下鉄 東西線 竹橋下車0分  アクセス地図クリック

美容皮膚科 受付時間
11:00 〜 20:00  日、祝日10:00〜19:00

水曜休診

初診予約 フォームへ

TEL 03-3213-2867  初診専用 03-3213-2900